2サイクル万歳!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
- | - |PAGE TOP↑ -
NSRday
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク

 
最近急に・・・と言っても11月も後半なので当然ですが、寒くなって来て重い腰が更に重い日々が続きます・・・(^^;

以前1台解体したんですがCBRを入れて更に手狭になったので、もう一台解体する事にしました。

やりついでに足で使ってるNSR80のフロントフォ−ク交換と以前譲って貰ったNSR80のキャブの交換をする事に。



最初は何も考えず作業出来る解体から始めました。



エンジンは載って無いので楽勝だぜ〜・・・・・てやってましたが、意外に時間掛ってしまいました。(^^ゞ
ただレ−サ−で使っていた車両なのでハ−ネス関係が少ないのでこの辺が救いでした、ハ−ネスにオイルタンクは付けるも外すも本当に厄介です。



リアサスとホイ−ルは出番が有ると思ったので近場に、フレ−ムとスイングア−ムは隅っこに保管。

次は足のNSR80のフロントフォ−クの交換します。



この車両は登録する前にオイル漏れは無かったのでフォ−クオイルオイルのみ交換しました。
いざ乗ってみるとブレ−キ時に何かフロントがカクカク変な動きをします。
前から気になっていたのですが、支障が無ければ面倒な事は後回しにする性格なのでズルズルと約1年。(^▽^;)

ブレ−キキャリパ−とホイ−ルを外せばネジを緩めるだけでズボッと抜けます、小さいバイクは部品単位の重さが軽いので楽です。(^^)



少しやり難いですが、カウルは外さなくても交換は可能です。

交換するフォ−クは先程解体した車両のフォ−クを使用します、あとこれもついでなのでブレ−キキャリパ−も解体車の物を使用。



左が元付いていたフォ−クとブレ−キ関係一式、右が解体車両の物。

両方共初期タイプの金(?)塗装のフォ−クです。
ただ中身が???です、両方共80車体に付いていた物なのでたぶん80用かと・・・。
ブレ−キ一式交換したのは、怪しげなマスタ−シリンダ−と無駄に長いメッシュホ−スが以前から気になっていたからです・・・本当に今更なんですが。



とりあえず外した逆順序で元に戻し、ここで一手間掛けます。



ちょっと分かり難いですがマ−カ−でチェック入れてシャフトを組む位置をマ−クしました。
新城にてフロント回りの組み方の指導をして貰い、シャフトの組む位置でホイ−ルの回転にかなり影響が有る事を知りました。
今までいかにいい加減な組み方していたのが良く分かりました。( ̄ロ ̄|||)
あとフロントフェンダ−のボルトの締め付け具合も影響が有るそうです。
本当の「組む」と言うのは非常に難しいと実感です。
もう一台控えが有るので今回はある程度で良しとしました、今度もう少しジックリと作業したいと思います。

最後にオ−バ−フロ−してしまうキャブを手持ちの中古キャブと交換する作業に。



タンク・テ−ルカウル・エアクリ−ナ−BOX外せばキャブがこんにちは。



見慣れた風景なのでさっさとキャブを外します。

と、その前にこのNSRはフレ−ムに一部加工が施されています。





正直パッと見だと分からないと思います。(^_^;)

今だからこそ色々な情報が有りますが、当時は試行錯誤したんだなと加工した理由を聞いて思いました。

話が反れましたがキャブをとりあえずバラシテみると・・・・



非常に中が綺麗なので、在庫している新品パッキンに交換して組む事にしました。
・・・手持ちの方が汚かったので・・・。(;^_^A



キャブは全バラにしてジェットリ−マで穴を清掃。
エアブロ−したら新品パッキンに交換して組みます。
前はジェットリ−マ持って無かったので針金や針でジェットの穴掃除してましたが専用品はやはり良いですね。(*^-゚)v



あとフロ−トのネジはお決まり(自分の)のキャップボルトに交換。



元に戻してガスコックONしてキャブにガソリンを送って暫く放置、無事漏れも治まりエンジン始動確認して完了。
これで本日の作業は完了。

まだ2台共気になる点が幾つか有るので、ボチボチやって行く予定です。
レ−サ−の方は(登録可)せっかく調子が良くなったので、もう少し整備したらサ−キットで使いたいと思います。










comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
復帰に向けて
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク
 
転倒負傷して間もなく1ヶ月になりますが、8割位まで回復して来ました。(^^)

先週から膝に負担の無いスク−タ−なら問題無かったので、アドレスでバイク通勤開始しました。

余談ですが先日土曜日はアドレスV125で中津川までツ−リングに行って来ました。



全行程で約250キロ程走りましたが原付2種なら結構遠出出来るのでは?と思いました・・・・高速乗れないのはネックですがね。(^^;

さて本題の方ですが、先月転んでしまい新城行く予定が行けなくなてしまい、NSRの慣らしも出来ずにいたので、11/10なら身体の方も良くなるだろう?と言う事ですり減ったリアタイヤの交換・・・・では無く、逆履きさせて来ました。





慣らしに新品タイヤ使うのも勿体無いので、今年はこのまま逆履きタイヤで行こうと思ってます。

タイヤ交換も何度と作業しているのでだいぶ慣れました、交換するより用意やら何やらの方が時間掛っている感じです。(^^;

ビ−ドブレ−カ−もコレに替えてから作業はやり易くなりました。



途中撮っているのが面倒で画像が無いですが、外したタイヤを逆に替えてビ−ド出して組み付け。



チェ−ンアジャスタ−は緩めて無いですが、念の為チェ−ンのセンタ−が出てるか専用工具でチェックして作業完了。



車体の準備は出来たので、後は人間の方の準備です・・・・こちらの方がチョット不安要素ですね・・・。

まあエンジンの慣らしがメインなので、10日は無理せず走る予定です。


comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
使いっぱなしなので・・・
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク

 昨年腰上のOHをしてから1年以上使いっぱなしのNSR50エンジン。
そろそろ(遅い?)腰上をOHした方が良いかな?と思い、土曜日に腰上だけ組みました。

天候や予定の都合も有り、先々週に外装取り外しにク−ラント抜き準備、先週に腰上分解組み付けです。



今回は久々に車体に載った状態でのOH作業。
単体に比べると非常にやり難いですね・・・。(^^;

ク−ラントも抜いて有るし、車体のホコリ・ゴミ関連の除去もしておいたのですんなり作業を開始出来ます。



1週間放置するのでキャブ等は付けた状態だったので、これらを外してヘッドを外す準備をします。



久しぶりに見たピストン・・・何か縦傷が有る様な・・・。( ̄_ ̄|||)



とりあえず先に進める為ヘッド外してみると、燃料が濃い感じでしょうか?
燃焼室がチョット黒かったです、ヘッド面は歪みも無く面は良さそうで安心しました。





シリンダ−が何故か固着してなかなか外れずに少々苦闘しました・・・前回組んだ時に薄くオイル塗っといたのにな〜。(´_`。)

シリンダ−を外しピストンとリングの状態を見ると、若干吹き抜けていたので、やはりリングは交換時期の様でした。



クランクは綺麗な状態でした。(^_^)

気になったシリンダ−の状態は・・・・





う〜ん・・・若干ピストンとの当りが強かったみたいで、嫌な状態でした。Σ(T□T)

しかし不測の事態に対処出来る様に、例の物は50用も買っておいたので問題無し。



これ高いですが、本当に使えます・・・ただし専用工具なので汎用性が無いのが難点です。(^^;







数回往復させればこんな感じで内面は仕上がります。
クロスハッチも付くので簡易ホ−ニングにはなります、ただどの程度研磨されているのか不明なので、本来なら内径を測定してから組みたいですね・・・・ボアゲ−ジ持って無いので。(^^;



汚れが付いているのでヘッドは汚く見えますね。(^^;
シリンダ−・ヘッド・クランクケ−スの面をオイルスト−ンで面出しします。
今回はクランクケ−スのスタッドボルトも外して丁寧にオイルスト−ンを掛けておきました。
スタッド取るのは手間ですが、作業性等を考えれば取った方が良いと思います。



今回はピストンも新品に交換、前回も新品入れた様な気がしますが、気にしない気にしない・・・。ヾ(@°▽°@)ノ



ピストンも角のバリ取りして準備。





・・・・で何時も向きやらシ−ル剥し忘れて誤組み付けするベ−スガスケット。
80の時はシ−ル剥し忘れて、今回のエンジンはシ−ル面をクランクケ−ス側にして組んでしまい、今回3度目の正直で間違えずにシリンダ−側にシ−ルの面にして組みます。
しかしこのシ−ル毎度綺麗に取れないですね。(`ε´)
組むよりも、こびり付いたガスケット剥したりする方がよっぽどか手間ですね。

さていよいよ苦手なシリンダ−にピストンを入れる作業ですが、これが非常に苦手です・・・・。(ノ_・。)

しかしニュ−アイテムが有るので、コレに期待です!!



たしか600円位たったはずです。





1発目は工具のセットが悪かったので失敗でしたが、2発目で上手い事入りました。
正直余り期待してませんでしたが、意外に使い易い工具でした。
シングルシリンダ−には良さそうです。





ヘッドガスケット入れてヘッド載せたら、クランキングしながら徐々にヘッドを締め付けて行き完了。



プラグも組んだまま・・・・だったので、新品に交換。
あとキャブ回り組んで、先週は終わり。

外しついでなので、放置していると光の速さで錆びるスチ−ルチャンバ−ボディ−の再塗装とミッションオイルを交換予定です。

天気予報が相変わらずコロコロ変わるので微妙ですが、今週には何とかしたいです。





comments(5) | - |PAGE TOP↑ -
フレックスホ−ン
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク

今更ながら文字の小ささを今回から修正しました。(^^;
最近はCB750FCの磨きに力を入れていたので、久しぶりにNSRの作業です。

2stのシリンダ−はほとんどドライ状態でピストン(リング)とシリンダ−が擦れ合っているので、シリンダ−にキズが入り易いのが悩みです・・・。(-_-;
 
NSRを自分で触るきっかけとなった1号機のNSR80のシリンダ−も例外無くシリンダ−にキズが有りました。

ホ−ニングでキズの対処は出来ますが、ホ−ニングは専門業者に依頼するのと設備の関係上金額もそこそこします。

チョットしたキズ修正にあまり費用を掛けたくないので調べていたら発見したのが、フレックスホ−ンと言う特殊工具です。

調べると結構使い勝手が良く、シリンダ−のキズ修正の他にシリンダ−のクロスハッチ(油溜め)も形成出来るとまさに簡易ホ−ニング出来る道具の様でした。

買ったのは何時だったかな?今年入ってすぐ位だったかと思います。



このブドウの様な工具がフレックスホ−ンです。
お値段は径10ミリX¥1,000程度と、結構いいお値段。



オイルを付けて作業するので、オイル飛散防止の為に囲いを置いて作業が必須!!
このフレックスホ−ンをドリルに付けて回転させてシリンダ−に挿入し上下させます。







先ずはドナ−としてキズの一番深い1号機80シリンダ−でテストしました。



見難いですが、吸排気側共に大きな傷痕が有ります。
このシリンダ−の加工後の写真を取り忘れましたが、深いキズの除去はやはりフレックスホ−ンでは無理でした。

またフレックスホ−ンですが、やはり少量では有りますが内径を削り取っているのでやり過ぎは御法度何ですよね〜。
キズが消えるまでやったらピストンとシリンダ−のクリアランスが大きくなり過ぎてそれこそシリンダ−をダメにしてしまいます。(^^;



一例ですが、この様に(やはり確認し難いな・・・)綺麗にクロスハッチが形成されて浅いキズなら無くなります。



結果も良かったので、家に置き忘れてきた1個以外の単体シリンダ−を全てやりました。
やっと前進出来たので、ず〜と腰下OH完了しているのに放置していた80エンジン2基を進めて行く予定です。



1号機組んだ時のミス・・・・。(^^;
ベ−スガスケットのシ−ル剥し忘れ・・・・しかもシ−ル側をシリンダ−に貼り付けるので組む方向も逆!!
無知って怖いですね。
今度は間違い無い様に組まないとな。


フレックスホ−ン自体そこそこ高いですが、使った感じだと良いかな?と感じました。
深いキズは無理ですが、腰上OHの時に軽く掛けて組み直すには便利ですね。

comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
また雨か・・・
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク
 
はい、明日7/1は今年2戦目のKM耐に出場します!!

しかし金曜日までの天気予報では、日曜日まではギリギリ大丈夫な感じでしたが・・・・今日の朝の予報で一変。

明日は間違い無く雨の様ですね・・・・(><;

まあレインタイヤも用意したので気分は良く無いですが、今回は特に凹んでいません・・・たぶん。(^^;

前回レインタイヤを装着して完了と思っていましたが、やはり中古車体のホイ−ルを使ったのでベアリングも換える事にしました。



もう何本かNSRのホイ−ルベアリングを交換しているので、作業の方は慣れました。

ベアリング左右外してディスタンスカラ−点検・清掃して再度新品のベアリング打ち込み。
準備が出来ていれば1本15分程度で完了出来ます。

また今回はレインタイヤ用のホイ−ルと言う事で、ベアリングは防水性に優れたシ−ルドタイプのベアリングに交換します。



何時もは黒色のシ−ルを使用しているLLBタイプ(両シ−ルド・非接触)を使っていますが、このベアリング防水性は良く有りません。
その為今回はLLUタイプ(両シ−ルド・接触)の物を打ち込みます。
またLLU・LLBはNTN社の仕様(シ−ル)型式なので、メ−カ−が変るとこの仕様のアルファベットは変ります。



新品のベアリングを打ち込み、ダストシ−ルを入れて同じ手順でリアも作業して完了。

雨は嬉しくないですが、転ばない事を目指して走って来ます!!


comments(4) | - |PAGE TOP↑ -
万が一の雨に備えて
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク

梅雨に入ってしまいましたね・・・(−_−;

8年振りに台風が日本に上陸するは、梅雨が明けると例年通り猛暑が来るんでしょうね。(^^;

前回3/18に出場した、KM耐は生憎の天気でした・・・しかし意外にBS BT-601SSはウエット路面でも走れる事が分かりました。
しかしやはりレインタイヤ持っている方から聞くと、数年前のでも全然レインタイヤだと良かったよと聞いて、人生初レインタイヤを購入しました。

BS好きな私は迷う事無く、BS最新(?)のミニバイク用レインタイヤ BT-601SS WETを購入!!

 レインタイヤはゴム質が柔らかいと思ってましたが、意外に標準の601SSと変わらない?と思ったのが最初の印象でした。



また今回からビ−ドブレ−カ−も一新!!
これで大きいのから小さいのまで何でも御座れ・・・・と思って使ってみると、12インチはチョット使い難かったです。
(^^;

付いていた601SSを外してエア−バルブを新品に交換、ビ−ドクリ−ムをレインタイヤミミにまんめんなく塗りタグってホイ−ルに取り付けていると感じた事が・・・・。

本当に柔らかい!!

601外した後だから余計に感じたのかもしれませんが、ショルダ−部分本当に柔らかいから組み易い。

ただタイヤの組み込みは出来たものの、肝心のエア−入れるソケットを家に忘れていったので家に帰ってビ−ドを出しました。





雨に備えて用意した物ですが、本音は極力使いたくないですね。(^^;

7/1のエントリ−&代金支払いも完了したので、当日を待つばかりです。

あ・・・チェ−ン交換するのを忘れてました、それと今付いている(使う予定)のタイヤも変えようか迷っているのが現状です。

晴れて欲しいな〜。(^^)


comments(3) | - |PAGE TOP↑ -
メ−タ−パネル
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク
 


レストア中のNSR80のメ−タ−パネルは形は有るもののボロボロなので、ウレタンマットの様な物で作る事にしました。

先ずは今にも崩れそうなパネルをお菓子等の箱を使って型紙を作りました。

ただホ−ムセンタ−へ材料を買いに行ったら、丁度よい大きさ(300x300xt10)の物が売り切れで有りませんでした・・・。(−_−;

家に帰って何気に話していたら、父親がそれらしい物はたしか有ったぞ?と探して用意してくれました。(^^)
聞いたら車の外装部品の梱包材で、どうせ捨てられるし何かに使えるからと持って来ておいたそうです、おかげで300円未満ですが出費が抑えれました。(^^)v
かなりの量が有ったので、相当な数のメ−タ−パネルが作れそうです。(^m^)

有り難い事で毎度の事ながら色々と助けられます。





行程はイッキに飛びますが、カットした物はこんな感じです。
感想としては厚みも有るので、型紙を切る様には行きませんね。(^^;
刃の入れ方もですが、斜めに切れたり結構上手くは切れません。

ニクロム線でやれば綺麗に切れるかも?との事でしたが、たかだか2枚作っただけなので何枚も作って技術を上げて行くのが先ですね。

しかしNSR50/80のメ−タ−パネルは現在幾ら何でしょう?




comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
土に還る前に・・・その2
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク

錆び取りやら何やらでなかなか作業は進展しません。(^^;

今回はやっとシ−トパイプの一細工が完了したので、フロントフォ−クを組んで行きます。

またシ−トパイプは2タイプ作りましたが、今回はモンキ−Rの加工シ−トパイプを使用します。



今製作中のNSR80は街乗りバイクなので、もう1タイプより上下共穴が大きいので根拠は無いですが、こちらの方が減衰が柔らかくて良いかな?と思ったからです。

それで今回だいぶ前に試しで買った、韓国製のインナ−パイプを使用して組んで行きますが・・・・。





チョット分かりづらいですが、表面の仕上がりの悪さ・・・そのまま使いたく無いレベルです。(‐_-;
研磨仕上げのはずですが、切削目みたいな痕が目立つ・・・・ついでに言うと買ってスグに中を見た時パイプの中は錆びてたりしました。(^^;

やはり重要パ−ツは純正又は国産品が良いですね、安いですが2度と使う事は無いと思います。

フォ−ク組む時、何時もパイプは磨きますが状態が悪いぶんやたら時間だけ掛り苦労しました。
しかし苦労して磨いた割に表面は汚い仕上がりに・・・・orz



純正だとピカピカに仕上がるんですが、切削目(?)が目立ってくすんでザラザラな感じになってしまいました。(T_T)
やらなかった方が見栄え良かったな〜。
パイプ内の錆び取りしたり苦労しただけで散々な結果です。

軽くショックを受けながらも先に進みたいのでフォ−クを組んで行き、錆び取り剤に漬けておいた部品の洗浄をして前後ブレ−キキャリパ−のシ−ル交換して一先ず終了。





ほとんど前回から進展しません。(^^;
メ−タ−はとりあえず仮付でボロボロのメ−タ−スポンジを次回までに制作予定です。

楽しみなので良いですが、本当にまともな車両1台買った方が安上がりに感じますね。
また安い(海外)社外パ−ツが多いですが、主要な部品は純正を買った方が良いと今回改めて思いました。
本当に主要パ−ツはおススメ出来ません!!






 
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
何か漏らした跡が有るぞ?
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク

 先日新城走りに行って帰りの準備の時、何かベットりとエンジン腹下のチャンバ−ボディ−に液体が付いていたので気になっていたんですが、今日レストア中のNSR80を組みに行ったら地面にお漏らしの跡が・・・・。



あの時はガソリンが漏れているのかと思ったのですが、これだけネバッとした感じはオイルですね。(^^;

2stでオイル漏はそうそう有りえないのでエンジンケ−スの合わせ目かな〜と恐る恐る覗いて見たが、ケ−スからオイル漏れは見られない。
ふとレ−サ−化した時に栓をした部分が気になって、その付近を見るとどうも怪しい痕が有ったのでエンジン左側ケ−スを外してみると・・・・・。



はい、当たり・・・・ギアポジションセンサ−を外して栓をした物が取れて、そこからオイルが出ていました。(-_-;
あの部分miniだとちゃんとストッパ−が付いているんですよね。
こんな所外れるの?と疑って付けなかったのですが、外れる物なんですね。
コ−ス上にオイル垂らさなかった事は今思うと幸いでした。



本来蓋は逆向きに入れてmini用の専用ストッパ−で取れない様にしますが、mini用ストッパ−を持って無いので、このエンジンで取り外した余り品を適当に使用して止めました。

どれ位オイルが減ったのか分からないので、ついでにミッションオイルを交換しました。
ギアポジションセンサ−も止めは付いているので、無視してはいけませんでしたね・・・。

予定外の作業でしたが、原因判明&ミッショントラブルを防げたので良しとしましょう。



comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
シ−トパイプの加工
category: NSR50/80 | author: コケコッコ−
JUGEMテーマ:車/バイク

では今回も例のごとくNSRネタを。

現在レストア中のNSR80の車体を組み始め、フロントフォ−クを組んでいく前にせっかくバラして有るので前期フォ−クで不評のシ−トパイプのオリフィス穴加工をしました。



上がNSR80(前期)用で下がモンキ−Rのシ−トパイプになります。
ちなみに穴径等実測しましたが、調べているとNSR50(前期)と同じ様です。



本来は穴を溶接で塞ぐのが一般的な手法の様ですが、金属パテで出来ると教えて頂いたので金属パテで今回は施工します。



金属パテで穴埋めをしますが、先ず埋める穴を面取り加工した方が良いそうです。
実際に面取りしないでパテ盛りしましたが、ハミ出た部分は削り取ってしまうのでパテが穴だけに嵌まっているだけなので、簡単に取れてしまいました。
この失敗で面取りをする根拠が分かりました、面の部分が有れば面の部分にパテが定着するので面取りはおススメします。







画像の様にパテを貼り付けますが、ここでも問題が有りました。
ただパテを付けるだけだと、どうしても付ける時に押えるのでパイプの内側にもパテが飛び出してしまいます。
上の穴は簡単に取れますが、下の穴は穴径が大きくその分パテのハミ出しも多いしM8ネジ穴の近くでヤスリは入っても削れない・・・(‐_‐;
上からだと入るけど全く削れない。
そこで内径を測ったら約φ11位なので、会社に有ったφ14の丸棒の外径を旋盤で落として中に入れるシャフトを作りました。
画像の様にシャフトを入れてこの状態でパテを貼り付けます、思惑通りパテのハミ出しも最小限に抑える事が出来たので、余分なパテを削り落としてオリフィス穴加工をします。





今回は2パタ−ンのシ−トパイプを作りました。

両方共ネットで調べて参考にして

上の物がモンキ−R用  オリフィス穴 上側 φ1.4x2 下側 φ5.3x1(純正の片方の穴を塞ぐ)
この加工デ−タはNチビチュ−ンで有名なやまっちさんのHPに紹介されていた物と同じにしてみました。

下の物がNSR80用  オリフィス穴 上側 φ1.2x2 下側 φ2.5x2
こちらは後期NSR50とNSR miniのシ−トパイプを参考に、miniの標準圧側(下の穴)をφ0.5大きい穴にしてみました。

まだどちらを使うかは決めていませんが、効果が感じ取れればと良いかな?と思っています。

これで良さそうな現在使用しているロスマンズ80も施工しようと思います。
 
comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
new old
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH